HOME>アーカイブ>カリキュラムは日本の学校と大きく異なっている
保育園

幼児期の柔軟な脳

小学校で英語の授業が必須科目となったことで、英語の重要性は増すばかりです。中途半端に日本の学校で英語を学ぶよりも、インターナショナルスクールで英語漬けの環境で学習したほうが良いのではないかと考える親御さんも多いのではないでしょうか。インターナショナルスクールへの進学を控えているのであれば、まずは日本の幼稚園に当たるプリスクールに通わせてみるのも賢い方法です。プリスクールでも、欧米の教育方針に基づいて、全て英語で生活をすることになります。幼稚園の柔軟な脳であれば、すぐに環境に慣れて楽しく生活することができるようになります。プリスクールから初めて見ることです。

将来海外の大学を目指すのに有利

子供の頃に英語脳にしてしまうということは、日本においてどこまでメリットがあるのか未知数なところがあります。実際のところ、インターナショナルスクールへの進学をする学生の多くが、将来的に欧米の大学を目指すことを想定しています。海外の大学へ進学する場合は、小学校からインターナショナルスクールへ通い、欧米の考え方に慣れておいたほうが何かと有利です。しかし、日本の国立大学へ進学する場合は、少し中途半端になってしまう恐れがあります。

子供の将来を考えて選ぶこと

おしゃれだから、かっこいいからというだけでインターナショナルスクールへの進学を決めることは、あまり好ましいことではありません。大切なのは、子供の将来を考えて学校を選ぶことです。正直なところ、インターナショナルスクールと日本の小学校では、カリキュラムが全く異なります。インターナショナルスクールではカリキュラムからして異なることから、欧米の基準で教育を受けることを想定していることを理解しておくことです。